中古バイクでも盗難対策を

中古バイクは価格が新品と比較すると安価ですが、価値は十分にあるものです。

その為、バイクは盗難被害に合いやすいです。

駐車してあったバイクがそのまま持っていかれてしまうケースもありますし、単純にいたずらで倒されてしまうケースもあります。

住宅の盗難の最大の被害原因は鍵閉め忘れと言われているように、基本のセキュリティは最大の効果を発揮する手法でもあります。

ハンドルロックやタイヤロック、そういった防犯対策をするだけでも被害に合うかどうかは異なってきます。

また、中古バイクの場合カスタムしている場合もあります。

その場合カスタムパーツを狙われる場合もありますので、自宅など駐車時は必ずバイクにカバーをかけましょう。

目をつけられてしまい、狙われたらあとはどうやって盗もうか、になってしまいます。

逆に言うと、そういった防犯対策をしていない人が非常に多いということです。

その為、盗難対策を行うかどうかで、被害を受けるかどうかは異なってきます。

防犯用アイテムとしては、防犯用のアラームやワイヤーロック、チェーンロック、赤外線によるセンサーなども販売されています。

防犯対策を考える場合、どういった手法で盗まれるか想像し、その対策を考える事になります。

大規模な窃盗団などでは、バイクを重機でそのまま運ばれてしまうケースもあるようです。

バイクの転倒防止のグッズもありますので、倒されるリスクも減らす事が出来ます。

防犯対策は際限がなくあるものですが、盗難という最大の被害は避ける事が出来ます。

自分の出来る範囲で対策は行っていきたいですね。

<関連サイト>中古バイクROOM